投資用に購入した不動産を想定範囲で売却できた貴重な経験

投資目的のアパートを買い替えるべく売却したい

不動産 売却なら不動産基礎知識:売るとき

投資目的で不動産物件を購入したことがあり、一般的に知られているマンションの1室ではなく、アパートを所有していました。
この物件は元々が中古物件として売られていたものを見つけて購入したのですが、最初のアクションは投資物件を扱う地元の不動産会社のホームページでした。
この会社のホームページには、新規に管理をした物件の中で売却を希望するアパートを随時掲載しています。
利回りも適切に表示されていて、得ることができる収入等を事前に把握することができ、尚且つ地元運営の会社なので、実際に物件に足を運んで調査することにも最適でした。
アパートの中古物件では、都市圏に住んでいる方であれば、かなりの高額になると考えるものではないでしょうか。
私が購入したアパートは約1,800万円で販売されていたもので、部屋数は6世帯が入居できる物件です。
利回りも良く、常に満室の状態を維持してきましたが、投資で得ることができる利益をもっと高めることを希望することになり、当該物件を売却して貯金と合わせて更に大きなアパートを購入することに決めました。
そのため、できるだけ高い価格で売却を希望していて、次に購入する物件のローンを可能な限り少なくすることを切望していました。
私のケースでは競争をさせるということを前提にしていて、会社間で競り合いのような状態にまで持っていくことをしました。

投資目的のアパートを買い替えるべく売却したい一括サイトを利用して想定範囲の金額で売却得られた資金と貯金で更に大きなアパート購入成功